7月25日

アメリカのミッションハウス復興運動が本格化
した時期とアーツアンドクラフツ運動の時期が
重なっているのがおもしろい。

フランクロイドがロビー邸などかなりアーツアンド
クラフト色を強く出していた1900年代初頭に
カルフォルニアなどでミッションスタイルの復興
が盛んであった。

その精神性や方向性、そしてテイストに多くの
重なりを見るのは私だけであろうか?

ムーアー人つまりアフリカ北部の影響をかなり
受けたミッションスタイルの装飾はゴシックで
アーツアンドクラフツとは呼び難い。
しかし、新大陸に渡り、アドビやインディアンデザイン
と混じる事でかなりアーツアンドクラフト色が
出て来て、同じカテゴリーに入れたくなる家も
多いのである。

文句なく美しい線と色である。

曲線パターンの解読に成功したイスラム文化。。
しかし、その線の流れは国を超え海を越え民族を超え、
そして宗教を超えてしまった。

何故か、今それを日本人である私がカナダで
真似したりする。

私の線などやはり、
あり得ないな。。。。。




Mission724232
800pxwshart_house
Spanishmissionstyle




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック