8月21日

馬達に似合うフェンスとゲートを考えていた。

フェンスはウエスタンだが、ゲートは何処か
スパニッシュにした。

完成は6ヶ月後だ。
この丸太の支柱や挽き割りの横木が雨風に晒され
灰色になる時、私のコンセプトは完結する。
ゲートは紫外線に焼かれ、馬に噛まれ、そこに酸の雨
をぬられ、さらに餓鬼どもによじ上られ、否定され、
妬まれ、後悔され、やはり好きになられた後、
ゲート自身に魂が宿り意志を持って初めて、
すべての色が線がブレンドし落ち着きを見せる。

あの冷たいジメついた暗い冬を通り超さなければ
良い色は出ない。

しばし、お前の事は見て見ぬふりをする。
お前も俺を恨んででも居ろ。

「お前が産んだんやろが!」と言葉を返されそう
である。親に向かって吠えたその言葉に親はひどく
傷ついたが、吠えた本人はもうすでにそこで自決を
決め込み、ダラダラと血を流していたのだから。

とにかく春まで。。。
勝手にしやがれ。




Img_6455
Img_6492
Img_6497
Img_6499




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック