8月29日

妬んだり、羨んだり、煮詰めたり、水に戻して
再び煮浸したり、不向きであると判断したり、
酒や煙の中に居るのかと探してみたり、
人と会ってみようかと考えたりしながら、悶々とした
時間を過ごす。

作品の構想ではない。自分の構想である。
いや、同じ事か。。

こう言う時、
私はいつもNKさんのHPをしつこく観る。

「イタリアの壁、Velviaの色」で何故かこの館から微かに
「The End」が聞こえ、招かれ入館する。

ジム モリスンの世にも恐ろしい「Mother Fucker」と
言う叫びと共に3枚目の写真の奥から自分自身が私を
凝視している。近寄れば隠れるが眼を反らせばやはり
見ている。

マチューテを片手に早く俺を斬りに来い。

お前も孤独だろうが、俺もひどく独りだ。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大岩俊行
2008年09月30日 00:36
NK様
毎日のお写真の更新を楽しみに生きております。
カメラの事はまったく解りませんが、写真だけを単純に眺めている。。そんな1ファンがいますので、ぜひ続けて下さい。



2008年09月30日 00:36
う~C:。ミ
僕も僕なりの理由で底なしの淵を覗き込んでいます。友よ!

この記事へのトラックバック