トスカーナのぶどう棚

ぶどう棚を作りました。

トスカーナ地方にある様な古い朽ち果てる寸前の
藤棚をイメージしました。

画像


あとはぶどうを植え、つるを這わせて行くだけですが、
これがよく解らない。。。。

だれに聞こうか?

どなたか、ぶどうの事ご存知?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

yam
2014年09月03日 00:13
うちの地域のおっちゃん達のブドウ棚は
雨や夜露から実を守るためでしょうか
棚の上にはすべて ビニールで傘がしてありますね・・・
ビニールハウスの壁のないものが覆っているような感じです
多分 乾燥を好むのか それとも 酸性雨で実に水滴がかかると色が悪くなるためか・・・どちらか分かりませんが とにかく ビニールの屋根がありますよ・・・ 多分この棚には似合わないです・・・
大岩
2014年09月03日 13:40
yamさん
きっと基本的には乾いた土地の植物なんでしょうね。
おっしゃる通りビニールは却下したいですね。
齊藤真二
2014年09月04日 17:10
お久しぶり。由紀子が何年も果樹園で働いてます。今日、ビニールのこと聞いたら、授粉作業の後に、雨で流れるのを防ぐのと、雨に当たると病気になりやすいからで、ずっとビニールがあっても問題ないとのこと。リンゴ、梨には必要ないけど、ぶどう棚には必要だとか。オヤジは相変わらず大工です。今か新築の墨付け。元気そうで何よりです。長女はカナダ3年目、次女は神戸外大へ。オヤジと由紀子の二人暮らしです。来年あたりはまたカナダに行きたいねえ。
大岩俊行
2014年09月05日 21:37
真二さん
お久しぶりです。わざわざ貴重なご意見有り難うございました。由記子さんにも宜しくお伝え下さい。
私も相変わらず、一日中、大鋸粉にまみれた現場現場ですが、今更ながら家作りやもの作りの奥深さと楽しさを実感しています。これからも木の仕事出来てたらいいな~、心からそう思える様になりました。のんびり行きます。
真二さんも怪我など無いように。時々 ブログ拝見してます。

この記事へのトラックバック