ローカスの木

カナダで一番堅い木は?と聞かれれば私はまず
「ローカス」の木が頭に浮かびます。

画像


ローカスはもともとカナダ在来種では無いと思うのですが、
今は至る所で見る事が出来ます。
その堅さは製材出来るのか?と思える程なのです。

早速、ヒッピーのバイブル「The Foxfire Book」で調べて
みると、Old daysにはやはり適材適所で使われていたようです。

画像


大変強度があり、水に強い為に家の土台や掘建てのポストなど
に最適とあります。

先日、オランダから船木材問屋の社長さん
私の自邸を見に来られました。
この会社もカナダのクイーンシャーロットから
良質なシーダーをオランダに入れられています。
勿論、船用の高級材として。

そこで話題になったのが、ローカスでした。
(オルタのアールヌーボー建築についても詳しかったです)
ヨーロッパでもローカスは家の土台に使われ、また木造船の
背骨であるキールにも使われるとの事でした。
流石はオランダ人。素晴らしきセイラーなのです。
(そう、さまよえるオランダ人)

私のアトリエにあるローカスのドアを見て大変喜んでおられました。
画像


そんなローカスの破材を薪用に割りました。

画像


やはり堅い。しかし、木とは面白いものです。
いくら堅くても縦割りに出来るのです。
ログを引っ掛ける鳶口も入らない石の様な木が縦から楔を
打つと避けて割れて行くのです。
当たり前ですが、でも不思議だな~と思いながら割ってました。
乾燥してから暖炉に入れるのが楽しみです。
どんな炎と香りを楽しませてくれる事でしょう。そして温度は?

ちなみにそのオランダ人の社長さんと一番盛り上がった話は
は日本の「ダッチワイフ/オランダの妻」でした。

「どうしてそんなクレイジーなネームを付けたんだ日本の殿方は!
全くご機嫌な奴らじゃないか!」
と大層喜んでおられました。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

yam
2014年01月11日 08:12
ローカス もしかして 我が家の二階の上がり口に後からおいたあの材でしょうか?固くて重くて、しっかりどっしり構えてくれています。
大岩俊行
2014年01月12日 15:36
yamさん
あれはメープル(楓)です。
楓の中でも最も杢目が踊ると言われるBig leaf mapleと言う種類です。

この記事へのトラックバック