アールヌーヴォーなログハウス

”アールヌーヴォーに魅せられたのなら、君も語れ”

現在、進行形のI様邸のログハウスをちょっとだけ
フライングでお見せ致します。

デザインはお任せ。。。となると当然、曲線達は
アールヌーヴォーになるのです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

イギリス、ウイリアムモリスのアーツ&クラフトが
フランスに移り、アールヌーヴォーとなって劇的に
開花します。

ガレやティファニーそして私の大好きなオルタなど
曲線の魔術師達が次々に現れます。

これほどドラマチックな芸術の発展はない。

曲線を追求したこのロマンチックなデザイン様式は
現在も続くシンプルシティの波に呑まれ、短命に終わります。
(でも美しきものは短命であるべきではないでしょうか)

私はこの2014年にこのアールヌーヴォーを
自分が操る素材の限界にまで持って行ってみたい。
鞭の様に湾曲した線が弾ける寸前の限界にまで。

その限界を知る事ができたなら、何時でも刃物を置いて
此処を去ろうではないか。

では、アーツ&クラフツやアールヌーヴォーとは何なのか?
3000年前、ギリシャの建築家が水瓶から無造作に茂る
アカンサスのツルと葉をスケッチしていて、あの神殿の
コラム(アカンサス)が産まれたのです。
詰まり詰まる所、100年前にもう一度、同じ様に
自然をじっくりと観察した芸術に過ぎない。

”アールヌーヴォーの曲線がぬ~ぼ~としていたら、
君は沈黙せよ。孤独な君の陣地に春が巡ってくるまで”

吉本隆明 ”たたかいの手記”ににせて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック