ならず者

雨の後、私の牧場の東の空に虹が現れました。
しかもダブルで。

画像


虹を見て浮かぶメロディーは

♫鳥たちは虹を越えて行けるのに、
どうしておいらは、どうして、そう出来ないのか。。♫

もあるのですが、

やはりイーグルスのこの歌ですね。

♩It may be rainin’, but there’s a rainbow above you
You better let somebody love you, before it’s too late♩
(雨かもしれない。。だけどお前の上には虹がさしている
じゃないか。そろそろ愛ってやつを受け入れろ。
手遅れになる前に。。。)

孤独な青年期にこれほど、心に染みて来る歌はありません
でした。
金もない行く当てもない、それが外国なら尚更でした。
少しのやさしさや情けを愛と勘違いしたりして。。。

この歌が、
髭も腕力もない痩せた剥き出しの柔肌にヒリヒリと
突き刺さって行ったのは、なぜか昨日の事のようです。

おっさんになって気が付いたのです。

変わっとらんわ。。。おいら。。。。

この曲、実は女に歌ってもらって酒飲みながら、
聞いていたい。

音が出ます

"ならず者" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント